ご縁はわらしべ長者みたいに続く

まず誰かにとって必要なものを
自分から先に「手渡す」ことが大事なんだ


「わらしべ長者」っていう昔話知ってるがな?

ナミ子この話とても大好きなんだ
こんな話だったよね

【一般的な言い伝え】
昔、貧乏な男が観音様に願をかけたところ
「初めに触ったものを大事に持って旅に出よ」と
お告げがあった

男は観音堂から出る時石につまずき転び
偶然手にした1本の藁しべ(わら)を手に歩き出した
→素直に行動した!

途中藁しべに大きなアブを結び付けた
→交換できるモノに加工した!

途中、大泣きしていた男の子が藁しべを欲しがり
泣きに困っていた母親からの申し出で
藁しべと蜜柑を交換した
→母親の困りごとを解消したら価値あるモノに変わった!

次に、喉の渇きに苦しんでいる商人に出会い
蜜柑と上等な反物を交換した
→商人の困りごとを解消したら高価なモノに変わった!

次に、侍が瀕死の馬を置いていくのに困っていて
反物と交換でその馬を預かることになった
しかし、水を飲ませたところ馬は元気を取り戻した
→価値あるモノを見抜いた目利き!

次に、大きな屋敷の主人から留守を頼まれたので
3年以内に主人が帰ってこなかったら屋敷を譲られる
約束をして馬を貸すことにした
→これこそ正に交渉上手!

結局主人が帰ってくることはなく
男は屋敷の主人となって
裕福な暮らしを手に入れることができたとさ

どんどはれ♪


なんだか最後は交渉上手な商人みたいに
なっちゃった感があるけれど(笑)

やはり相手の困りごとをきちんと把握し
自分の持つモノを先に「手渡す」ことが

「わらしべ長者」になった成功要因だと思う

これってなんのお仕事にも通じる
商売の極意だと思うんだよ

「開運招福」
「商売繁盛」

あなたにも訪れますように♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 


◇6月27日(水)午前10時半からは
盛岡市下田「ユートランド姫神」にGO!
どなた様も【無料】だよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA