母の日は「恩送りの日」

【おはようござい招き猫】
今日は母の日💐

今日思い起こした言葉は
「恩送り」です

「恩送り(おんおくり)」とは
誰かから受けた恩を
直接その人に返すのではなく
別の人に送ること

ご存知の方も多いですね😊

「恩」とは、めぐみ
いつくしみのこと

誰かから受けた恩を
自分は別の人に送る

そしてその送られた人が
さらに別の人に渡す

そうして「恩」が世の中を
ぐるぐる回ってゆくという
ことだそうです

素晴らしい考え方だなと
ナミ子は思っています

今日はナミ子も実家の母に
会いに行って来ます

今日は誰かと一緒に
笑顔になる日😊

良い一日を
お過ごしくださいね💕

 

「令和」おめでとうございます!

本日、元号が「令和」となりました!

おめでとうございます!

昨日終わった「平成」時代は
長いようであっという間の
30年間でした。

この間、日本に戦争はなかったけれど、
東日本大震災など、災害の多い時代でした。

経済もバブルから失われた20年へと変化し
少子化と超高齢化が進みました。

これからの「令和」の時代は
どんな時代になるでしょうか?

平和で穏やかで、災害も少ない
良い時代になりますように

ナミ子も心から願っていますよ!

そしてそれを実現していくのは
私たち自身ですね。

ナミ子はこれからも
地域のシニアの皆様の笑顔のために

いろんなところで「脳トレ漫談」を
一生懸命、ご披露していきます!

これからもナミ子への応援を頂きますよう
どうぞよろしくお願いします!

 

 

 

ナミ子の考える、形を変えた被災地支援の必要性

【こんにちはでござい招き猫】

昨日、宮城県気仙沼市での漫談講演を行ってきました。

これは現地のボランティア団体の依頼で伺ったもので、ゆうちょ財団の助成金支援によって継続されてきたものです。

 

ゆうちょ財団の支援活動は東日本大震災直後から始まり、私個人としても継続して支援活動してきました。

 

しかし、ゆうちょ財団の支援は今年度で終了となりました。

 

最近被災地に伺うと感じていること。

それは、被災地住民が支援を受けるだけでなく、自ら相互自助の活動を広げて行こうとしていることです。

 

特にも自治会がうまく機能しているところは、頼もしい活動が芽生えているようです。

 

しかし、自助努力で立ち上がった被災者が多くおられる一方で、被災高齢者が各地の復興公営住宅の中で孤立しつつあると言う情報を聞くにつけ、復興の道のりに格差が生じているのを感じます。

 

高齢者を中心に、支援の必要性はまだまだあるのではないでしょうか。

 

支援の形は変化していく必要はあると思いますが、支援自体は継続していく必要があると思います。

 

これからも、ナミ子ができる被災地支援の一つの活動として、漫談講演活動を続けて行こうと思っています。

 

この世とあの世をつなぐお盆限定Wi-Fiみたいな感じ

お盆はあの世とこの世をつなぐ
季節の一大イベントみたいなもの

世の中はお盆の帰省ラッシュですが

ご先祖さん方も帰省ラッシュしてる?みたいな
どうもそんな感じがしています

お墓でも実家の家の中でも
そこここでご先祖様の気配というか
波長というかが感じられるような気がしています

科学的にはどうなのかといった議論ではなく
そう感じるならそうなんじゃないの?と言った
ゆるい感覚でしかないけれど

都会から帰省した親族と
今ここを守る家族に加えて

あの世から帰省した懐かしい人たちまでも

この世とあの世の垣根を超えた
心の交流をする季節

あるいはお互いを思うだけで
二つの世界が何かでつながるような

いわば心情的なWi-Fiが繋がっている

そんな感じがしている夏です

 

免許返納した方がいいの?しない方がいいの?

「疑問」自動車運転免許証の自主返納
したほうがいいの?


世の中の高齢化とともに、高齢者の
運転による交通事故は増加傾向にあると
言われています

2016年の調査では、76歳以上の
高齢ドライバーの起こした死亡事故件数は
75歳未満の運転者が起こした件数の
2倍以上多かったそうです

こうした中、免許証を自主返納すべき
という世論も強まり
高齢者による運転免許証の自主返納は
10年前の約15倍となっています。

一方で65歳以上の方を対象にした
専門家による研究では免許を返納して
車の運転をしなくなった人が
要介護状態になるリスクは

運転を続けている人の約8倍に
上ったという結果も発表されています

このことから、有識者の間でも、
高齢者の免許返納に疑問を
投げかける意見もあるようです

あなたも自主返納を検討したことが
あるかもしれませんし
実際にそうされた方もいらっしゃるのでは?

あるいは、日々の交通の便を考えて
免許の返納に踏み切れない方も
いらっしゃるかもしれませんね

ナミ子がお勧めしたいのは
「返納か継続か」の二者択一ではなく

認知機能の維持を目指し
継続的なトレーニングを行いながら
運転を安全に続けることです。

自分らしくいつまでも行動的に暮らすために
自身の健康状態を定期的に確認するのが

大事なポイントですね!


◇ナミ子と一緒に、元気で楽しく
【ナミ子倶楽部会員募集中です!】
↓↓↓ 詳しくは画像を見てね♡

 

 

 

 

 

 

 

◇関西で大人気のいちのせかつみさんとの
コラボイベントは8月5日です!
↓↓↓こちらもチラシ画像を見てね♡

ご縁はわらしべ長者みたいに続く

まず誰かにとって必要なものを
自分から先に「手渡す」ことが大事なんだ


「わらしべ長者」っていう昔話知ってるがな?

ナミ子この話とても大好きなんだ
こんな話だったよね

【一般的な言い伝え】
昔、貧乏な男が観音様に願をかけたところ
「初めに触ったものを大事に持って旅に出よ」と
お告げがあった

男は観音堂から出る時石につまずき転び
偶然手にした1本の藁しべ(わら)を手に歩き出した
→素直に行動した!

途中藁しべに大きなアブを結び付けた
→交換できるモノに加工した!

途中、大泣きしていた男の子が藁しべを欲しがり
泣きに困っていた母親からの申し出で
藁しべと蜜柑を交換した
→母親の困りごとを解消したら価値あるモノに変わった!

次に、喉の渇きに苦しんでいる商人に出会い
蜜柑と上等な反物を交換した
→商人の困りごとを解消したら高価なモノに変わった!

次に、侍が瀕死の馬を置いていくのに困っていて
反物と交換でその馬を預かることになった
しかし、水を飲ませたところ馬は元気を取り戻した
→価値あるモノを見抜いた目利き!

次に、大きな屋敷の主人から留守を頼まれたので
3年以内に主人が帰ってこなかったら屋敷を譲られる
約束をして馬を貸すことにした
→これこそ正に交渉上手!

結局主人が帰ってくることはなく
男は屋敷の主人となって
裕福な暮らしを手に入れることができたとさ

どんどはれ♪


なんだか最後は交渉上手な商人みたいに
なっちゃった感があるけれど(笑)

やはり相手の困りごとをきちんと把握し
自分の持つモノを先に「手渡す」ことが

「わらしべ長者」になった成功要因だと思う

これってなんのお仕事にも通じる
商売の極意だと思うんだよ

「開運招福」
「商売繁盛」

あなたにも訪れますように♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 


◇6月27日(水)午前10時半からは
盛岡市下田「ユートランド姫神」にGO!
どなた様も【無料】だよ!

早いものです、今年も折り返しの話

一年もあっという間の6月ですよ皆さん!


ナミ子の今日の格言
「今日より若い日はない!」

最近ではおかげさまで
ナミ子漫談は色々なところから
お声をおかけいただいております

岩手県内の各地域様や公共団体様
さらには企業様など多方面から
ご要請をいただきまして

誠にありがたいことであんす

今年の抱負を思い起こすと
着実にナミ子は前に進んでるなど
思ってました

もっとたくさんの人に
ナミ子を知っていただきたい

そう思ってこれからも活動していきます

人生はあっという間、、

どなた様にとっても
今日より若い日はないのです

そのことを肝に銘じて
毎日元気で活動していきたいものですね🍀


【当面のナミ子活動】
どなた様もご参加できる漫談講演のお知らせです

◇6月20日(水)午前10時から11時
【笑って開運!健康漫談】
盛岡市仙北町「仙北町老人福祉センター」
地域のみなさまが対象です「無料」
※主催は仙北町老人福祉センター様

◇6月27日(水)午前10時半から11時半
【第4回!笑って開運☆防止漫談】
盛岡市下田「ユートランド姫神」1階研修室
どなた様もお待ちしております【無料】
※主催「福々舎」

 

 

 

 

 

 

 

 

☆いずれもお問い合わせは「福々舎」大久保まで
→090−9534−4546

凍結と圧雪の道は気配り目配り心配り

さしものナミ子も転倒した話

今日もナミ子は漫談会場近くの
個人宅にポスティングしたの

いよいよ明後日漫談ライブだからね
ドキドキしながら配ったの

その時に、あるお家の軒下の
ポストに向かって歩いた途端

スッテーン!と転んでしまった、、
とほほ、、涙

玄関に向かう足元が
すっかり凍結していて
「滑るんでないかな、、」と
思った矢先だった、、

とは言えナミ子のお尻には
自家製のクッションがついてるからね
怪我なくていがった〜笑

しかし心配なのは
どう見ても高齢者様がお住まいのように
見受けられるそのお宅

玄関をお出になられる時には
足元くれぐれも気をつけて欲しいと
ナミ子思ったった

この冬転倒にはくれぐれも注意だよ

凍結や圧雪の道を行く車は
ご高齢者様を見かけたら

くれぐれも超スロー運転で
お願いしあんすよ

万が一転んでしまっても
怪我ないように

目配り気配り
心配りお願いしあんす

***

◇いよいよ明後日!
ナミ子初の自主企画漫談ライブ!

日時:1月28日(日)10:00開始、11:00終了
会場:盛岡市鉈屋町「浜藤ホール」
盛岡市鉈屋町10-7
入場料:どなた様も【無料】当日参加OK!

消えた生活の知恵の話

案外そんな昔のことではないけれど
もう無くなった生活の知恵とは?

この間ある高齢者様と
お話ししていたら
懐かしいことを思い出した

それは「サイカチの実」の事

サイカチの実って知ってますか?

>サポニンを多く含むため古くから洗剤として
使われている。莢(さや)を水につけて
手で揉むと、ぬめりと泡が出るので、かつては
これを石鹸の代わりに利用した。
石鹸が簡単に手に入るようになっても
石鹸のアルカリで傷む絹の着物の洗濯などに
利用されていたようである(煮出して使う)。
(Wikipediaより)

 

 

 

 

 

(画像もWikipediaから)

昔お風呂に入る時とか洗濯の時に
今の石鹸の変わりに使ったものだと言う

ナミ子もずっと小さい頃に
母の実家のお風呂に入る時に
確か使ったような記憶がある

水をつけて莢をもむと
うっすらと泡が出るのだった

***

その高齢者の方のお話しによると

盛岡の中心地を流れる
中津川の河原にも
サイカチの木は茂っていたらしい

石鹸代わりにするためによく
落ちている莢を拾ったものだという

その方の年齢は85歳

そんなに昔の話ではないのに
もう遠くの話のように感じる

サイカチの莢で洗濯したり
お風呂で使ったりすることなんて
もう誰もやっていないから

もう完全に無くなってしまった
貴重な生活の知恵のお話しだ

 

***

◇ナミ子初の自主企画漫談ライブ!

日時:1月28日(日)10:00開始、11:00終了
会場:盛岡市鉈屋町「浜藤ホール」
盛岡市鉈屋町10-7
入場料:どなた様も【無料】当日参加OK!

雪の思い出はカマクラと凍雪と長靴

雪が降るとあなたは何を思い出す?

昨日から日本列島は大雪で
見る限り真っ白な景色が広がってる

今日はナミ子も外出せず
こたつで昔のことなど思い出している

雪が大降りになると思い出すのが
ナミ子が小学生の頃のことだ

昔はもっとたくさん雪が降ったもんだ

校庭にはたくさんの雪を利用して
カマクラを何基も造っていたな

同じように小さな斜面も造って
そり遊びやミニスキーで滑って遊んだものだ

雪がたくさん降った次の日の朝

晴れて気温が氷点下10度位になると
表面が固まって凍雪になる

校庭の雪の上を歩くと
ザクザクと足跡がついて
自分の歩いた後が残る

長靴を履いて
キラキラと輝く足跡を
ずっと先までつけていく

***

人生がその後何十年と続くとか
そんなことも頭にはなく

その瞬間を楽しんでいた子供の頃

今からでも子供の時のように
今この瞬間を楽しみ味わい

キラキラと生きることは
きっと誰にでも可能だよ

ではあなたも脳内で
過去に旅してみませんか?

それも脳の健康に
大した良いそうであんすよ

あなたの雪にまつわる思い出は?

 

 

 

 

 

 

 

***

◇ナミ子初の自主企画漫談ライブ!

日時:1月28日(日)10:00開始、11:00終了
会場:盛岡市鉈屋町「浜藤ホール」
盛岡市鉈屋町10-7
入場料:どなた様も【無料】当日参加OK!