明日から消費増税〜生活防衛には知識も必要

生活防衛には、新しい知識も必要です

明日から10月、消費税が8%から10%に上がりますね。
いよいよ、です。

国は景気への影響を考慮して、色々な施策を打ち出してきていますが、中でも注目されているのが「キャッシュレス決裁」で買い物した場合に「ポイントで還元する」という事業です。

「キャッシュレス・ポイント還元事業」と言います。

そこで、超早わかり!
「キャッシュレス決裁でポイント還元」について!お話しします。


 

超早わかり!キャッシュレス決裁でポイント還元とは!!

1、キャッシュレス決裁とは、そもそもどういうこと?

これは文字通り、「現金ではない方法で買い物すること」です。
買い物する時に、以下の3つの方法で支払うと「キャシュレス決裁」していることになります。

①クレジットカード
VISAやマスターカードなどの、おなじみのクレジットカードで払う方式

②電子マネー
nanacoやWAON、Suicaなどのカードなどチャージ(前払い・プリペイド方式)したり、後払い(ポストペイ、クレジットカードと連動)、あるいは即時払(デビット方式)などの方法で、支払う方式

③スマホのアプリ決裁
今話題の「なんとかPay」で払う方法で、各社色々なサービスが出ています。
PayPay、LINEPay、楽天Pay、メルペイ など
お金を支払う方法には、②と同じく前払い、後払い、即時払いなどがあります。

 

 

 

 

 

2、消費増税対策の「キャッシュレス・ポイント還元事業」とは?

これは、景気への影響を考慮して、国が期限付きで消費者に還元する事業です。
期限中に、対象の中小のお店で「キャッシュレス決裁」で買い物した際に、「ポイント」あるいは「値引き」で還元するという事業です。

詳しくは国のサイトをご覧ください。
キャッシュレス・消費者還元事業公式サイト

①「キャッシュレス・ポイント還元事業」の期限は?
2019年10月から2020年6月までです。

 ②いつも行くお店が、ポイント還元事業の該当店(加盟店)かどうか?
  国の「キャッシュレス・ポイント還元事業」に登録している加盟店では、下記のステッカーやポスターを掲示しています。ご確認してみてからご利用されるのをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

身近なお店が該当しているかは、国の公式サイトで検索できます。
使えるお店を探す

 

3、加盟店ならどのキャッシュレス決済サービスでもいいの?

店によってどの決済サービスで還元事業者としての登録をしているかは違います。そのためご自分の持っている決済サービスが、そのお店で使えるかどうかを確認する必要があります。

(例)ガソリンスタンドもフランチャイズだと2%還元ですが、その会社のカードで支払う場合のみ、ポイント還元の対象とのこと。石油会社3社横ならびです。

詳しくは国のサイトをご覧ください。
キャッシュレス・消費者還元事業公式サイト

4、どのお店でも後でポイントが還元されるの?

ポイントが後で付与されるのか、決済の際にすでに値引きされるのかは、そのサービスや加盟店によって違うので、注意が必要です。

(例)コンビニ各社では、ポイント還元ではなく、品物の値段から2%を値引きした額で計算するとのこと。各社横ならびのようです。

身近なお店が該当しているかは、国の公式サイトで検索できます。
使えるお店を探す

 


 

でも、実際に始まってみないと不明な点も多い

実際の所、どのくらい使い勝手がいいのか、どのくらい節約になるのかは正直なところわかりません。

しかし、増税により生活費には確実に影響が出そうです。
実質2%、支出が増えるわけですから。

私たち消費者は、どうにかして生活防衛していかなければなりません。

生活防衛には、情報だけでなく知識が必要です。
きちんとした確かな情報と、それを上手く活用する知識が必要です。

そして、そのための新しい技術の一つが、スマートフォンなどの活用です。

新しい知識を習得することは、脳の活性化にも役立ちます。
ぜひ好奇心を持って、いろんなことに取り組みたいですね。

皆様お気付きの点などあれば、ご質問等お気軽にお寄せください。

お待ちしております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA